はっしーのデジタルワーク

コンピュータ利用からデジタルに関わる様々なことを書き記します。

富山紀行第4弾 五箇山のライトアップと朝靄  

世界遺産に一緒に登録された「白川郷」と「五箇山
両方を訪れると、両者の違いを感じさせられます。
観光地化されてしまった「白川郷」と程よく整備されている「五箇山」という印象です。
規模の違い、立地条件の違いもあるのでしょうが、私は個人的にはどっちかを選べと言われれば「五箇山」の方が好きです。

■  マジックアワー
マジックアワーは、あっという間に過ぎてしまいます。
ベストショットとベストポジションの選択は難しいですね。何日も同じ所へ滞在して狙えるような人生を送る事が出来るのであれば理想ですが、天気に恵まれただけでも良しとしなければならない、我が人生です。
2014_07_21_4267.jpg 
まだ、空が明るすぎますね
2014_07_21_4274.jpg 
だいぶ良くなってきました。
2014_07_21_4288.jpg 
明かりの灯った民宿のお部屋の中から、「こきりこ節」の歌声と歓声が聞こえてきます。
一度は、滅び去る危険があった日本最古の民謡と言われる「こきりこ節」
昭和5年詩人の西条八十氏が「こきりこ節」の最後の伝承者を探し出し、現在までなんとか伝承させる事が出来たようです。世界遺産になったことで永遠に伝承される事でしょう。どこか、懐かしい歌声に聞こえました。
2014_07_21_4296.jpg 

霧も出てきて幻想的になってきました。
2014_07_21_4304.jpg 

ベストな空の色になりました
2014_07_21_4307.jpg 
ものぐさで、三脚を車に積んでこなかった私(トランクに入れたつもりで、忘れてただけです)、手持ち撮影もこれで限界です。
いくら、愛機のEOS5D  Mark2でも、ISO:6400、Tv:1/25、Av:4、露出補正:-2 とてもじゃありませんが、大きなサイズではお見せできません。
IMG_1793.jpg 
こちらは、コンデジ並みのS90でストロボ焚いてます。
さて、お土産買って、宿へ戻って、お風呂入って、テレビ見て寝ましょう。

■  朝の合掌集落
集落のはずれから見る山の風景です。
2014_07_22_4309.jpg 
2014_07_22_4313.jpg 
横から射し込む朝日が美しい
2014_07_22_4318.jpg 
2014_07_22_4347.jpg 
朝もやが奇麗です
2014_07_22_4352.jpg 
この日は、朝食後、白川郷、飛騨高山、安房トンネル、松本を抜けて、一気に横浜へ帰ります。
翌日の仕事、まだ、やらなければならない事が少し残っている。現実に戻りつつあります。







Posted on 2014/07/27 Sun. 06:00 [edit]

category: photo

tag: 旅行  富山  五箇山  合掌造り 
tb: 0   cm: 2

富山紀行第3弾 合掌集落に宿泊  

この日(連休最終日)のお泊まりは、合掌民宿「なかや」さんです。
ネットを調べてみると、五箇山では一番古く、建築は1764年頃(明和年間)との記述を見つけました。築250年ということでしょうか。真偽の程はわかりません。
内部は、お風呂もトイレも洗面所も奇麗にリフォームされています。お部屋も建具も奇麗に整備されています。
外国人の方も沢山来られるようですね。Wifiも整備されていました。
IMG_1787.jpg 
チェックイン時間の少し前についてしまったので、荷物を預け集落内をお散歩です。
白川郷に較べれば、小ぢんまりしていますが、連休の最後の日でも、程よい人出と広さで落ち着いて散策できます。
2014_07_21_4195.jpg 

2014_07_21_4196.jpg 

2014_07_21_4232.jpg 

2014_07_21_4237.jpg
 

2014_07_21_4192.jpg
 

合掌小屋前のお花畑で「アカタテハ」をゲット
2014_07_21_4222.jpg 

集落の端の方へ行くと、なにやら他とは変わった雰囲気の趣の家
2014_07_21_4240.jpg 
相倉集落の交流館(山崎家)でした。
中では和紙漉きの体験が出来るようになっていました。和紙を使ったアート作品が売られています。
ご主人が自ら作られており、沢山よい説明を頂きました。
2014_07_26_4439.jpg 
帰り際に、和紙の風呂敷(染め方に工夫が要るそうです。)と和紙のトレイを買わせていただきました。

宿に戻ると連休の最終日でしたが、宿泊客は我が家族のみの貸し切り状態であることが分かりました。
また、今日が合掌造りのライトアップを行う夏の最終日であることも知りました。
これまた、ラッキー。しかし、女将さんが、風が怪しい雨が降りそうだと
確かに、散歩の後宿へ戻ってしばらくすると雨が降ってきました。
でも、夕食までには、空は青空に変わりました。
スマホのレーダーで確認してみても夜は大丈夫そうな雲行き。
IMG_1776.jpg 
お食事には、鮎を囲炉裏で焼いてくれています。ガスではダメだ、やはり炭で焼くのが一番と女将が
IMG_1770.jpg 
お食事は、囲炉裏端でいただきます。
IMG_1790.jpg 
夕食も終わると、外はマジックアワーの時間が近づいてきました。
外では、この夏最後のライトアップの明かりが点灯したようです。出かける準備をして出発します。

(ライトアップされた合掌集落と朝霧に煙る合掌集落の様子は次回に投稿します。)



Posted on 2014/07/26 Sat. 15:30 [edit]

category: photo

tag: 旅行  富山  五箇山  合掌造り 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

FC2ブログランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

ユーザータグ

メールフォーム

最新トラックバック

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top