はっしーのデジタルワーク

コンピュータ利用からデジタルに関わる様々なことを書き記します。

【Mac】Parallels Desktop Lite が Mac App Storeで無償入手できますが、、、  


いつもご訪問ありがとうございます。
今日も皆様にとって良き日でありますように、


Mac の仮想環境で、WindowsやLinuxを動かしたい方にとって朗報?
かと思って、早速入れてみました。
Parallels_001.jpg

ところで、App Storeの解説を見てみると、
・ Linux をダウンロードして利用 ー 無料
・ Mac OS Xを実行 ー 無料
・ Windows を実行 ー 有料(かつ、Windowsは別途購入要)

おやおや?、、
Windowsの場合の値段書いてないが、14日間の試行利用も可能なので、とりあえず進んでみよう
Parallels_002.jpg

試しなので、左下にある「既存の仮想マシンを追加」で、既に入っているWindows7を追加してみた(削除も可能)
Windowsを仮想環境で使う場合は、年額7,400円となっています。

今回のLiteバージョンは、フルバージョン12の機能限定版のようで、本家を見てみると、、
Parallels_003.jpg

単品のライセンス購入が8,300円から(年額ではありません)
個人や学生が使う場合は、5,300円(年額ではありません)
開発者、パワーユーザー向けのParallels Desktop for Mac Pro Edition が年5,300円(キャンペーン中)

MacでWindowsを仮想環境で使ってみようと考えている方、Parallels Desktop Lite は買ってはいけません。
Windowsを使うのであれば、機能制限のないフルバージョンのParallels Desktop 12 for Mac を買ったほうが良いです。
(しかも、急いでいないならば、今後毎年のように実施されるキャンペーン内容を見てからでも遅くない)

私は、昨年11月のブラックフライデーに、もう一つの仮想化ソフト VMware Fusion 8 を30%引きで買いました。

Linux や Mac OS X を仮想環境で使うのであれば、無償なので役立つと思います。
Linux は、主だったディストリビューションが直接ダウンロードしてインストールできます。(残念ながらLinux MINTは入っていません。)
Mac OS X では、新しいmacOS X Sierraでは動かないアプリを古いMac OS Xで動かす時に便利です。


Posted on 2017/03/06 Mon. 22:04 [edit]

category: Mac

tb: 0   cm: 0

【iPhone】 MacからiPhoneへキー入力できちゃいます  


いつもご訪問ありがとうございます。
今日も皆様にとって良き日でありますように、

今日は、MacとiPhoneを使った便利な小技の紹介。

iPhoneのソフトウェアキーボードで、ちょっとした長い文章入力するの大変ですよね、、
フリック入力の達人になっても長い文章をiPhoneでは、入力したくないというのが本音

といってもiPhoneで文字入力するって、メールかLINEのメッセージを入れるぐらいしかないです。
Macを利用中に、LINEのメッセージを入れたくなった時の便利な小技があります。

MacとiPhoneでは、クリップボードが連動しています!
つまり、Macでテキストを入力しコピーすれば、iPhoneでペーストができるのです。

こんな感じ、
Macで文を入力し、コピーします。
20170301_toClip.jpg

そのまま、iPhoneでペースト、
fromClip_IMG_0171.png

これは、最新のmacOS Sierra(10.12)の「ユニバーサル・クリップボード」という機能を使っています。

難しいことはありません。
・Macでは、macOS Sierra(10.12)にアップデートしておいて、iCloudへ接続しておくこと、
・iPhoneでは、iOS 10にアップデートしておき、こちらもCloudへ接続しておくだけです。

外出中で電車の中とか、歩いている最中に使うのは大変ですが、Macで作業中にLINEへメッセージが入り、返事するときに便利です。
iPhoneで日本語入力しなくて済みます。

ただし、時々反応しなくなることもあります。その場合、iPhoneかMacを再起動します。(いつもスリープではなく、たまには再起動:電源の再投入を行った方が良いです。)



Posted on 2017/03/01 Wed. 12:18 [edit]

category: Mac

tb: 0   cm: 0

【Macのサポート】キーチェーンのパスワードを繰り返し求められたら、、  


いつもご訪問ありがとうございます。
今日も皆様にとって良き日でありますように、

MacのSafariブラウザを使っていて、ログイン画面でID / パスワードを入力しようとした時、
「"Safari"がキーチェーン”ローカル項目”を使おうとしています。」というメッセージが出て、
SafariKeyChain01.jpg

この画面で、Macのユーザログインパスワードを入力すれば、その場は済むのですが、
しばらく使っていると(翌日とか、数日後とか)、この画面がまた登場します。
私の場合、このFC2ブログの管理画面へのログインの際に多発しています。

こんな時の解決策を2つお知らせします。

(その1)
「キーチェーンアクセス」アプリを使う。
「ユーティリティ」フォルダにある、「キーチェーンアクセス」アプリを起動し、「ローカル項目」の中の
CapKeyChain01.jpg

メッセージが出たフォームの行(今回は上のブルーの部分のFC2です)を削除します。そして、Macを再起動

(その2)
ファインダーでローカルキーチェーンアクセスのファイルを消してしまう。
(ローカルユーザ名)ー「ライブラリ」ー「Keychains」フォルダ内にあるフォルダ(太い赤枠部分)を消去します。
※ このフォルダ名は、一定ではありません。
SafariKeyChain03.jpg


(ユーザ名の下に「ライブラリ」フォルダが表示されない場合は、ファインダーメニューの[表示]ー[表示オプションを表示]から、上の画面の右にあるように「”ライブラリ”フォルダを表示」オプションにチェックを入れます。)

そして、Macを再起動します。

その2の操作を行うと、すべtのWebフォームの ID / パスワード が消去されますので、それぞれの画面のログイン時には、改めて、ID / パスワードの入力が必要です。

その1を実行しても症状が改善されない場合は、その2も実行してみてください。
私の場合、それでもFC2のブログ管理画面のログインで発生してしまいました。

やはり、新しいMacBook Proの Safari は、まだおかしいかもしれませんね。MacBook Air(El Capitan)のSafariでは発生しません。

毎度毎度、その1の処理をしながら、気長に待つことにします。




Posted on 2017/02/28 Tue. 22:09 [edit]

category: Mac

tb: 0   cm: 0

新しいMacBook Pro(Late2016)のトラブルは、これで解消か?  


いつもご訪問ありがとうございます。
今日も皆様にとって良き日でありますように、

「新しいMacBook Proを欲しい方は、もう少し待った方が」とお伝えしてきましたが、
今回、macOS Sierra(10.12.3)が公開され、1月24日の朝、アップデートを行いました。

macOS_10_12_3_No1.jpg

・グラフィック表示がおかしくなるトラブルは解消との説明がありましたが、

次の記事を見ると、バッテリーを消耗させてしまうSafariのバグ解消も一緒に含んでいるとのことでした。
確かに、Safariのバージョンは、10.0.3 になっていました。

macOS_10_12_3_No2.jpg

「もう少し待った方が」という私の言葉も撤回でしょうか、
1日使っていますが、今の所、これまでのように、「画面の一部が変な色に塗りつぶされる」、「Safariが突然落ちる」といった症状は発生しておりません。

ようやく、新しいMacBook Pro(Late2016)も正常化したと言えるでしょう、、(たぶん)
とは言っても、USB Type-Cのポートしかないのは、変わりようはありません。
必要な変換アダプタは、未だに必需品です。

キーボードは、使い込めば使い込むほど快適です。

なかなか現代の人には伝わりにくい表現ですが、
キーを打つときは、昔のメカニカル・タイプライターのキーを打ち込むように、あるいは、30年ほど前のコンピュータのストロークの深いキーボードを軽快に打つように(「足の長い蜘蛛が早足で歩きまわるように」なんという喩え)

そんなキー操作をすると、気持ちよく、速いキー入力を行うことができます。




Posted on 2017/01/25 Wed. 00:02 [edit]

category: Mac

tb: 0   cm: 0

Macの日本語入力状態で、英数キー2回押しても英数字に変換しない場合  


いつもご訪問ありがとうございます。
今日も皆様にとって良き日でありますように、

今回は、Macでのサポート・ネタです。

Macでは、「無変換」というキーはありません。
そこで日本語入力状態で英単語の入力をしようとすると、
例えば、「Mac」と入力しようとすると「Mあc」となってしまいます。

そのような時は、便利な入力方法があります。この「Mあc」となっている状態で、スペースキーの左側にある「英数」キーを2度押ししすると、キー入力のままの英数字で無変換で確定します。

ところが、キーボード設定によってはこの機能が使えない場合があります。
そのような場合の解決策は、次の通りです。

「システム環境設定」で、「キーボード」を開きます。ここの「入力ソース」タブで、左ウインドウの「日本語」以外のキーボード設定を削除します。
下の図では、赤枠部分の「ABC 」を削除します。
この時、右下の「英字」にチェックが外れていると「ABC」を削除することができません。

MacEisuKey01.jpg

これで、「英数」キーの二度押しの技が使えるようになります。

他のアプリの設定で、キーボードで「日本語」以外のキーを残さなければならない場合もあります。

その時の裏技は(裏でもなく、表の技ですが、意外に知られていない)

ショートカットキーで、control + 「;」(コントロールキーを押しながら、セミコロンキーを押します。)
変換確定はしませんが、「英数変換」が実行されます。




Posted on 2017/01/23 Mon. 00:02 [edit]

category: Mac

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング

カウンター

ユーザータグ

メールフォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top