FC2ブログ

はっしーのデジタルワーク

コンピュータ利用からデジタルに関わる様々なことを書き記します。

大阪府全域で公衆無線LANを無料解放(00000JAPAN)

Posted by はしかわ on   0  0


いつもご訪問ありがとうございます。
今日も皆様にとって良き日でありますように、

大阪の地震には、月曜の朝から驚かされました。
被害に遭われた方に、お見舞い申し上げます。

docomoとauとソフトバンクでは、大阪府全域にある各社のWi-fiスポットで公衆無線LANを無料で解放しています。
各社との契約がなくても、PC、スマホ、タブレットで利用できます。
SSIDは、00000JAPAN です。(ファイブゼロジャパン)

パスワードなしで利用できる、災害用ネットワークで、熊本の地震でも無料解放されました。

外出先での災害時の連絡手段として、情報収集媒体として役立ててください。
日常生活への早急な復旧を願っております。




ヘルシンキWi-Fi事情

Posted by はしかわ on   0  0

 
いつもご訪問ありがとうございます。
今日も皆様にとって良き日でありますように、

事前の調べでは、ヘルシンキのバンター(Vantaa)空港の売店キオスク(R-KIOSK)で、7日間4G回線で容量無制限のプリペイドSIM を簡単に購入することができるとの情報があったので、観光案内地図や、市内観光に便利なデイチケットの入手方法を聞くため、まず、インフォメーションへ行くことを考えておりました。

インフォメーションセンターは、入国審査を通過して、荷物受け取って出口を出てすぐ左側へ少し歩いたところのT2とT1の間です。
T2とは、シェンゲン外の長距離便用のターミナル、T1はシェンゲン内ヨーロッパ便のターミナルです。

インフォメーションではヘルシンキ市内限定の3日間有効のデイチケットが欲しいのですがと尋ねたところ。
「空港から市内に入るのに使うのであればRegional Ticketが必要よ」と言われましたが、
「ホテルアクセスの利便性からフィンエアーシティバスでホテルの前まで行き、その後でトラムに乗って市内へ繰り出したい」と言ったら、ここでは1日券しか売っていないので、この先50m行った左側で売っているからそちらに行きなさいと教えてくれた。

ここで、空港からヘルシンキ市内へのアクセス方法を少し紹介します。

観光者がよく使うデイチケットについては、ヘルシンキ市内限定(Travel EreaがHelsinki)と周辺地域を含むRegional Ticketがあり、Regionalであれば空港から中央駅に向かう鉄道にも乗れるます。(少々歩くので、荷物が重い時はバスが便利)

値段は、3日券ではヘルシンキ市内限定が18€、Riginalでは28€。1日券ではヘルシンキ市内限定が9€、Rigionalでは14€にもなります。
ちなみに、フィンエアーシティバスは片道6.9€(往復割引で買うと、12.6€)で、到着ロビーの目の前が乗り場。
鉄道駅には10分近く歩くし、本日宿泊のホテルは、バス停からすぐだったので、バスにしました。

2018_HelsinkiBus_3443.jpg 
フィンエアーシテバスのご案内サイトはこちらから
https://www.pohjolanliikenne.fi/en/finnair-bus-route.html

宿泊するホテルの場所、行動計画を考えて市内へのアクセス方法を決定しましょう。
鉄道以外にも、デイチケットが使える615番の路線バスを使う方法もあります。時間はかかりますが、宿泊先によっては便利かもしれません。

また、デイチケットについてのヘルシンキ首都圏交通局の紹介ページはこちら
https://www.hsl.fi/en/tickets-and-fares
デイチケットは、対面販売で購入するとICカード(日本では今は見ないテレフォンカードみたいなもの)、自動販売機で買うと紙なので、対面販売が安心と思います。



SIMの話に戻りましょう。
インフォメーションセンターから50m歩いて行ったところ(絶対にそんなにない、30m程度の感じ)にR-KIOSKがありました。
そこで、3日間有効のデイチケットとプリペイドSIMカードを調達です。
01_IMG_9880.jpg 
ポイントは、
・Day Ticket for 3days. Only Helsinki Erea
・SIM Card for 7days(これだけです)
SIMカードのお値段は、事前の情報では、7.9€でキャンペーンをやっていれば、4.9€。
ありがたいことに、キャンペーン期間の価格で調達することができました。

デイチケットとSIMカードのレシートがこちら、購入はクレジットカードでさっと買えます。
04_IMG_0348.jpg 
えー、現地での買い物では、クレジットカードが一番、次に、クレジットカードが使えない時はデビットカード、そしてどうしようもない、あるいは現金が残っている時は、現金決済にするのが一番です。
スーパーでミネラルウォーターを1本0.5€で買うときもクレジットカードで買えます。
(水についてですが、ヘルシンキ市内では日本と同様、普通に水道水が飲めます。)

消費税は、食料品以外は24%です。高いですね、、
それでも通信費としては安いです。
北欧は、やはり物価は高いです。レストランなんてちょっとしたところでも日本の高級料理店並です。(私にとってみれば)

SIMカードは、スリーサイズ共通でどのサイズにも切り出すことができます。(手でぐりぐりやれば、好きなサイズで取り出せます。)
02_IMG_4167.jpg 

あとは、スマホに差し込み、電源を入れるとPINコードの入力を求められるので、カードの裏側にあるPIN1の4桁数字を入力するだけです。(下の写真の赤丸部分で、スクラッチで隠れていますが、指で簡単に取れます。)
03_IMG_5091.jpg 
他にもPIN2〜4まで書いてあるのですが、必要ありません。

これで7日間、4G回線を何も制限されることなく利用できるのです。7日間で約5€ですから、1日あたり100円以下。
実際の使用感ですが、へたなホテルWi-Fiより高速でしかも安全に利用できます。7日間(後でお話しますが、実際は6日間)日本にいるのと同様にインターネット回線を使用することができました。
日本からの仕事メールにも簡単に対応することができました。(これはデメリットか!)

ホテルも市内のカフェもほとんどのところでFreeWi-Fiが飛んでいて簡単に利用できます。
でも、自分が使っている  ID/パスワードが必要なサイトを利用する場合や、クレジットカード情報を入力するような場合は、プリペイドSIMを使うべきです。

一点、注意が、
スマホで使う場合は良いのですが(もちろんSIMフリーでないとだめです)
私が持参したHUAWEIのWiFiルーターでは、4G回線は接続されるものの、Wi-Fiを使ってパソコンやスマホでのインターネット接続ができなかった。

何か、設定方法があるのでしょうがよくわかりませんでした。(日本では普通に使えているルーターなのですが、)
今回は、Androidの予備のスマホ、WiFiルーターの両方を持って行って正解でした。

しかし、少なくとも通信回線事情は、日本に比べてはるかに安価で便利です。




WiFi ルーター壊してしまった

Posted by はしかわ on   0  0


いつもご訪問ありがとうございます。
今日も皆様にとって良き日でありますように、

壊してしまいました、、

SIMカードには、3つのサイズがありますが、
ルーター側は、個々に使えるサイズが決まっています。
世界各地で売っているプリペイドSIMは、今はフリーサイズです。

といっても、使う前に自分のルーターで使えるサイズに指でプチっと簡単に取り出せます。

05_IMG_8499.jpg 
上の写真は、Nano SIMサイズに取り出した抜け殻です。
これまで使っていたルーターは、Standard SIM サイズ。

サイズが合わないって?
SIMカードは、小は大を兼ねます。

Nano SIMサイズで取り出せば、あとは、アダプターをつけることでどのサイズでも使えます。
SIMカードをいろいろな機器で使い回す時の手段です。
02_IMG_4164.jpg 

しかし、このアダプターが曲者です。
慣れないと、ルーター(スマホでも)にセットしようとするときに外れたりします。

そこで今回の失敗ですが、SIMカードアダプターがルーターから外せなくなってしまいました。
どうやら、アダプターの枠がルーター内部の接続端子の金属部分に引っかかってしまったようです。

そして無理やり取り出したところ、、
01_IMG_3453.jpg 

金属端子を引き剥がしてしまって、使い物にならなくなってしまいました。
(最初からStandard SIMサイズで取り出せばよかったのでしょうが、、)

止むを得ず、急遽アマゾンで新しいのを購入です。
03_IMG_3529.jpg

これまで使っていたルーターは、連続使用では5時間程度で外出時には少々心もとなかったのですが、、
今回は、3000mAhの大容量バッテリー付きで、
スマホへの電源供給もできます。

SIMカードのセットも
04_IMG_9476.jpg 



アダプターが引っかかることなく安心して使えます。

このようなこともありますので、お気をつけください。


「+メッセージ」が登場する

Posted by はしかわ on   0  0


いつもご訪問ありがとうございます。
今日も皆様にとって良き日でありますように、


日本の大手3キャリア(docomo、au、ソフトバンク)は、今年の5月9日から、ショートメッセージ(SMS)を進化させた新しいメッセージサービス「+メッセージ」を開始するとのこと。

こちらにも

電話番号を宛先にメッセージが送れるとのことで、SMSでは通話料金が必要でしたが、「+メッセージ」はパケット料金に含まれるので、通常の通信料に含まれることになる。

20180410-plus-message-launch-03.jpg
打倒LINEを目指しているようですが、、
次の課題があります。

・もちろん、+メッセージ同士でないと送れない
・iPhoneはAppStoreでアプリを入手しないといけない
・今の所、MVNO(格安SIM)では使えない

LINEには勝てそうもないけど、、キャリアメールの利用者は減ると思う。


ウォズは、Facebookを退会

Posted by はしかわ on   2  0


いつもご訪問ありがとうございます。
今日も皆様にとって良き日でありますように、

ザッカーバーグさんは、現地時間4月10日と11日、アメリカ議会の公聴会で証言することになっている。
その証言の原稿も公開されています。

「FBが有害な形で使われることを、運営が防げなかったのは明らか」

「問題はフェイクニュースや海外からの選挙妨害、ヘイトスピーチ、そして開発者とデータのプライバシーにまで広がっています」

「私のミスでした、ごめんなさい。FBを始めたのは私、運営してるのも私、だから起きたことの責任も私にあります」

今後FBは、セキュリティや広告管理を強化するために、議会と協力していく用意があるとしている。

どうやら、個人情報が流用されたのはほとんどがアメリカ人(8700万人の中でアメリカ人は7000万人とも)で、日本人はほとんどいない模様

ところで、Apple社のスティーブ・ウォズニアックさんは、Facebookを退会したと報じられています。
WozFacebook01.jpg

彼は、「Facebookは、ユーザーを売っている」
Eメールがあれば十分だとも言っている。

Facebookで個人情報が漏れた方には、直接、謝罪文が届いているようです。
念のため、自分のFacebookにもログインして見たが、特に問題はなさそうです。
(とは言っても、重要な個人情報の登録は行なっていませんが)

自分の登録情報が不正流用された可能性をチェックする場合は、
Facebookにログインし、次のアドレスから確認することができます。
https://www.facebook.com/help/1873665312923476?helpref=search&sr=1&query=cambridge

FacebookCheck2018.jpg
でも、ここで分かるのは、友人とその友人がケンブリッジ・アナリティカに関わりがあったかないかだけです。


どうやら、最近、アメリカ IT 企業は様々な問題を抱えています。
Appleでも、租税回避して税金の支払いを逃れていると
AppleTaxHebun.jpg 
市民活動家たちに抗議運動に晒されているようだ

あれだけ高い商品を売っていて、税逃れしているとは、どれだけ稼いでいるだろう!
アメリカも混乱が治らないようです。


このカテゴリーに該当する記事はありません。