はっしーのデジタルワーク

コンピュータ利用からデジタルに関わる様々なことを書き記します。

色選択(色遊び)しましょう お薦めツール(その1)  

 Web制作や、アプリ制作の時のカラー選定って悩みます。
センスの良し悪しがもろに出ますし、後で自分で見ると恥ずかしくなるような色になっていたり。

直感的なイメージが重要だと思うのですが、その時の感情、忙しさなどの様々な環境条件によって、結構味が変わります。
時間的な余裕がない時は、比較的無難な色で済ませてしまいますが、多少時間に余裕がある時は、様々なツールを使ってシミュレーション(遊び)しながら考えます。

そんな時に使っているお気に入りのツール達を紹介します。(第1弾です)

■ Adobe Kuler
Adobeが提供している定番的なツールかもしれませんが、画面中央にある「円」の部分の「丸」をドラッグしたり、画面下部の「丸」をドラッグしたり、RGBの値を直接入力したり、カラールールを選択したり、色々な方法でカラーシミュレーションができます。
2014-07-30_AdobeKuler.png
■ Color Theory Visualizer
画面左側の円の中にある数字の丸をドラッグします。バランスの良い色を自動で生成してくれます。
右上のメニューから色々な生成パターンを選ぶ事が出来ます。
2014-07-30_Mudcube.png
■ Paletta
パレットの色をクリックすると、選択した色と調和のとれる色を生成してくれます。
右側の「Color Code」タブを選ぶと、自分で16進ColorCode値を入力すると、その色と調和のとれた色が生成されます。
2014-07-30_Paletta.png
これらのツールで、色遊びしながら、ターゲットに相応しい色を探しています。
遊びの一環で触っていると、結構楽しいですよ。
※ 画像に各URLのリンクを貼ってあります。お試しください。


Posted on 2014/07/31 Thu. 07:02 [edit]

category: Web

tb: 0   cm: 0

あなたは何色が好き  

 子供の頃、最初の色の出会いは、クレヨンを使って絵を描いた時ではないでしょうか。
小学校へ入学したとき、最初は、みんな12色のクレヨンを買わされます。
でも、中には16色や20色、はてまた、24色といったクレヨンを持ってくる子もいませんでしたか?
子供心に、最初から20色や24色のクレヨンを持ってくる子は、お金持ちの子だなんて思っていませんでしたか?そして、多くの色を使う事が出来てすごく羨ましかった思い出があります。
今は、肌色ってクレヨンにはなくなってしまったようです。過去には、人を描くには欠かせない色だったのに、人種差別に対する問題意識から2005年頃には「肌色」という表現はクレヨンから無くなったようです。
「ぺんてる」のクレヨンの製品仕様を見てみると、近似色として「ペールオレンジ」が、12色セットから入っているようです。肌色の近似色がないと、子供は、お母さんやお父さんの絵が描けなくなってしまいますものね。

■ ヨハネス・イッテンの色彩
イッテンは、バウハウスで色彩論を教えていた人。大学の時に授業で買わされた本が「ヨハネス・イッテン色彩論」です。
なぜか、今でも大切に保存しています。長期の保存により、印刷の色もだいぶ褪せてしまい、当時の実際の色は失ってしまっていますが、何故か愛着がある本です。この本にある色彩論をきちんと理解している訳ではないのですが、いつか読み返そうと、そのまま大切に保存したままになっている本です。

■ 日本の色表現
先日、「法隆寺展」を見に東京藝術大学美術館へ行ったと投稿しました。
その帰りに、美術館の傍にある大学の売店に立ち寄りました。そこで、分かりやすく書かれた面白そうな色彩の本を2冊、衝動買いしてしまいました。
その中の記述で、「古代日本では、色を表す表現は『あか』と『あお』の二つであった」とありました。
「青信号」は、どう見ても緑です。新緑の山は、「山青し」と表現します。昼間の太陽も「赤」で表現します。
もう一つ、良い表現がありました。「色彩音痴はいない」らしいです。「自分のまわりにある様々な色彩に注目し、そこから色と向き合うと、案外簡単にセンスアップの方法は見いだせる。自身のこだわりがあれば良いと」とありました。
2冊ともまだ読み切っていないのですが、腰を落ち着けてじっくり読んでみることにします。

今日のタイトルは、今、仕事で依頼を受けているWebサイト制作で、メインカラーの設定に悩んでいる私の頭の中の思いです。



Posted on 2014/07/30 Wed. 07:00 [edit]

category: Computer一般

tag: 色彩  クレヨン 
tb: 0   cm: 0

IBMさん、とうとう神の領域へ?  

 ひさしぶりに、コンピュータネタです。

コンピュータの頭脳部分(CPU)のチップサイズの小型化もそろそろ限界が来ているようです。
また、コンピュータの心臓部の処理スピード(CPUのクロック)も1994年から1998年までは、300%の性能向上が計られたが、2007年から2011年まででは、33%しか向上されていないらしい。

確かにコンピュータ心臓部の処理速度は、ここ数年は、新製品が出ても以前に較べて小幅なスピードアップにしかなっていないと感じていました。
まあ、2年前に購入したマシンがまだ十分現役で使えるというのは有り難い事なのですが。

コンピュータの心臓部分は、サイズもスピードもそろそろ限界に近づいており、CPUを開発製造しているインテル社だけでなく、IBM社も次世代のコンピュータ技術の開発に向けて動き出したのでしょうか。

量子コンピューティング、に、ニューロシナプティック・コンピューティング、よくわかりませんが、脳と同じ構造を持つ集積回路になるそうです。ほんと、天地創造の神の世界へ踏み出すのですね

http://news.livedoor.com/article/detail/9084331/

スピードやサイズだけでなく、使いやすさや開発のしやすさも追求して下さいね
性能ばかり良くなって、人間の開発能力が追いついて行けず、衰退しかかった某ゲーム機の例もありますから、作る側と使う側で、バランスの良い性能を追求してほしいものです。

そして、こんなものは、止めて下さいね
(1) OSとして機能は良いのだけど、廉価版コンピュータで使い物にならずほとんど消滅してしまったもの

(2) CPUの性能はめちゃくちゃ凄いのですが、アプリ開発側が付いていけず、また、周辺機器との性能バランスが悪く、あまり売れなかったもの

さてさて、このところ暑い日が続いています。
パソコンやゲーム機、はたまた、モバイルデバイスも同じですが、異常な発熱(熱暴走といいます)には気をつけましょう簡単に逝ってしまいます。ファンの音が大きくなったら、すぐに風通しを良くして労って使いましょう。自分のお財布の為にも



Posted on 2014/07/29 Tue. 07:00 [edit]

category: Computer一般

tag: Apple  IBM 
tb: 0   cm: 0

お散歩は、早朝にしました  

 梅雨が明けてから猛暑日が続いています。

休日の散歩は、早朝に行う事にしました。
熱中症防止のための水分補給にと、ペットボトルにお茶持参で歩いています。

これは、昨日の朝の様子です。
早朝は、空は快晴で青さが美しく輝いていました。

公園の木々と青空です。
2014_07_27_4448.jpg 2014_07_27_4443.jpg 2014_07_27_4457.jpg 
先日道端で見つけた「合歓の木」ですが、花がたわわに咲いていました。丁度朝日が射し込み輝いて見えます。IMG_0227.jpg IMG_0230.jpg 

本日の1枚は、大輪の花を咲かせている朝顔です。
2014_07_27_4461.jpg 



Posted on 2014/07/28 Mon. 07:00 [edit]

category: photo

tb: 0   cm: 0

富山紀行第4弾 五箇山のライトアップと朝靄  

世界遺産に一緒に登録された「白川郷」と「五箇山
両方を訪れると、両者の違いを感じさせられます。
観光地化されてしまった「白川郷」と程よく整備されている「五箇山」という印象です。
規模の違い、立地条件の違いもあるのでしょうが、私は個人的にはどっちかを選べと言われれば「五箇山」の方が好きです。

■  マジックアワー
マジックアワーは、あっという間に過ぎてしまいます。
ベストショットとベストポジションの選択は難しいですね。何日も同じ所へ滞在して狙えるような人生を送る事が出来るのであれば理想ですが、天気に恵まれただけでも良しとしなければならない、我が人生です。
2014_07_21_4267.jpg 
まだ、空が明るすぎますね
2014_07_21_4274.jpg 
だいぶ良くなってきました。
2014_07_21_4288.jpg 
明かりの灯った民宿のお部屋の中から、「こきりこ節」の歌声と歓声が聞こえてきます。
一度は、滅び去る危険があった日本最古の民謡と言われる「こきりこ節」
昭和5年詩人の西条八十氏が「こきりこ節」の最後の伝承者を探し出し、現在までなんとか伝承させる事が出来たようです。世界遺産になったことで永遠に伝承される事でしょう。どこか、懐かしい歌声に聞こえました。
2014_07_21_4296.jpg 

霧も出てきて幻想的になってきました。
2014_07_21_4304.jpg 

ベストな空の色になりました
2014_07_21_4307.jpg 
ものぐさで、三脚を車に積んでこなかった私(トランクに入れたつもりで、忘れてただけです)、手持ち撮影もこれで限界です。
いくら、愛機のEOS5D  Mark2でも、ISO:6400、Tv:1/25、Av:4、露出補正:-2 とてもじゃありませんが、大きなサイズではお見せできません。
IMG_1793.jpg 
こちらは、コンデジ並みのS90でストロボ焚いてます。
さて、お土産買って、宿へ戻って、お風呂入って、テレビ見て寝ましょう。

■  朝の合掌集落
集落のはずれから見る山の風景です。
2014_07_22_4309.jpg 
2014_07_22_4313.jpg 
横から射し込む朝日が美しい
2014_07_22_4318.jpg 
2014_07_22_4347.jpg 
朝もやが奇麗です
2014_07_22_4352.jpg 
この日は、朝食後、白川郷、飛騨高山、安房トンネル、松本を抜けて、一気に横浜へ帰ります。
翌日の仕事、まだ、やらなければならない事が少し残っている。現実に戻りつつあります。







Posted on 2014/07/27 Sun. 06:00 [edit]

category: photo

tag: 旅行  富山  五箇山  合掌造り 
tb: 0   cm: 2

富山紀行第3弾 合掌集落に宿泊  

この日(連休最終日)のお泊まりは、合掌民宿「なかや」さんです。
ネットを調べてみると、五箇山では一番古く、建築は1764年頃(明和年間)との記述を見つけました。築250年ということでしょうか。真偽の程はわかりません。
内部は、お風呂もトイレも洗面所も奇麗にリフォームされています。お部屋も建具も奇麗に整備されています。
外国人の方も沢山来られるようですね。Wifiも整備されていました。
IMG_1787.jpg 
チェックイン時間の少し前についてしまったので、荷物を預け集落内をお散歩です。
白川郷に較べれば、小ぢんまりしていますが、連休の最後の日でも、程よい人出と広さで落ち着いて散策できます。
2014_07_21_4195.jpg 

2014_07_21_4196.jpg 

2014_07_21_4232.jpg 

2014_07_21_4237.jpg
 

2014_07_21_4192.jpg
 

合掌小屋前のお花畑で「アカタテハ」をゲット
2014_07_21_4222.jpg 

集落の端の方へ行くと、なにやら他とは変わった雰囲気の趣の家
2014_07_21_4240.jpg 
相倉集落の交流館(山崎家)でした。
中では和紙漉きの体験が出来るようになっていました。和紙を使ったアート作品が売られています。
ご主人が自ら作られており、沢山よい説明を頂きました。
2014_07_26_4439.jpg 
帰り際に、和紙の風呂敷(染め方に工夫が要るそうです。)と和紙のトレイを買わせていただきました。

宿に戻ると連休の最終日でしたが、宿泊客は我が家族のみの貸し切り状態であることが分かりました。
また、今日が合掌造りのライトアップを行う夏の最終日であることも知りました。
これまた、ラッキー。しかし、女将さんが、風が怪しい雨が降りそうだと
確かに、散歩の後宿へ戻ってしばらくすると雨が降ってきました。
でも、夕食までには、空は青空に変わりました。
スマホのレーダーで確認してみても夜は大丈夫そうな雲行き。
IMG_1776.jpg 
お食事には、鮎を囲炉裏で焼いてくれています。ガスではダメだ、やはり炭で焼くのが一番と女将が
IMG_1770.jpg 
お食事は、囲炉裏端でいただきます。
IMG_1790.jpg 
夕食も終わると、外はマジックアワーの時間が近づいてきました。
外では、この夏最後のライトアップの明かりが点灯したようです。出かける準備をして出発します。

(ライトアップされた合掌集落と朝霧に煙る合掌集落の様子は次回に投稿します。)



Posted on 2014/07/26 Sat. 15:30 [edit]

category: photo

tag: 旅行  富山  五箇山  合掌造り 
tb: 0   cm: 0

富山紀行第2弾 高岡町屋散歩  

富山旅行の2日目の前半は、高岡市内の散歩です。
街並のメインは、金屋町と山町筋です。
この町は、加賀藩の藩主前田利長が鋳物師を移住させ伝統工芸の銅器に代表される鋳物産業の礎が築かれた所です。
今でも、芸術品としての鋳物が作られています。この街並みは、千本格子造りが残っています。
2014_07_21_4143.jpg 
加賀藩が、鋳物の産業をベースとして商工業の町づくりを行い、加賀藩の中では金沢に次いで栄えた町でした。
今では、歴史だけが伝わる人通りの少ない街になってしまったようです。夏休みに入った連休の休日ですが、人通りは少ないです。
2014_07_21_4145.jpg 
奇麗な千本格子です。
2014_07_21_4140.jpg 
さすがに、鋳物の町ですね

地方の都市は、特段の特長や産業が維持されない限り、近代文明の発展とともに衰退するしかないのでしょうか?
首都圏からは、飛行機で1時間、今度開通する新幹線で3時間、自動車でも6時間程で来る事が出来ます。(逆には行く事が出来るということです)
以前、ある山陰の自治体が高速道路のICを誘致し、都会から人に来てもらうことで経済効果を期待した自治体がありました。しかし、結果は、地元の人間が都会に出て行きやすくなっただけで、なんの経済効果もなかったという話がありました。
交通手段が便利になればなるほど、特段の産業や観光資源のない地方都市は、衰退が進行するだけです。

例えば、飛騨の高山市では、古い街並みと日本特有の農村風景を観光資源化して人を呼び込んでいます。京都の次に挙げられる歴史都市として外国人にも人気があります。富山からの帰途、昼食のため寄り道し1時間程三之町あたりを散策ましたが、平日にもかかわらず、多くの人が訪れていました。

地方都市の活性化には、観光資源を作りまとめるか、旧藩のように産業振興するかです。いずれにしろ、人が働ける場を生み出す事で人が定着し、外から人が訪れます。
東北の被災地も堤防を築き、高台へ移転する事にだけ補助金等を投入するのではなく、人が働ける場を作り出してほしいものです。地方都市では雇用を増やす為の方策が必要です。

少し話が外れてしまいましたので、高岡街並みの話に戻ります。
もう一つの核となる街並は、山町筋(やまちょうすじ)です。
こちらは、千本格子ではなく、土蔵造りの街並です。
2014_07_21_4172.jpg 
2014_07_21_4173.jpg 
さすがの重厚感です

この町である言葉を見つけましたので紹介します。

『「高岡」というまちへ来てゆっくりと楽しんでほしい。そういう「場」と「つながり」をやわやわと増やしてゆければ良いと思う。

40代のワタクシはじめそれ以上の年代の方は、こどもの頃に高度経済成長真っ只中だった。
新しいものがドンドン入ってきた中でも伝統的な行事やまわりのヒトたちとの関わりを大切に生きていたと思う。

しかし今の時代は新しさのスピードが早すぎて少し前のものがすぐに時代から取り払われるようになってしまっている。

今の時代に生きながらも「じぶんの足で」「じぶんの目線で」ものごとを再認識してゆきたいものだ。
』

この言葉は、今日のテーマとさせていただいた「町屋散歩」という名のプロジェクトから拝借しました。
現代のスピード、都会の商業資本に惑わされず、ゆったりと町の中での係わりと絆を大切にしていこうという活動です。

そのベースとなる場所が「山町茶屋」です。高岡へ行かれる方は訪れてみてはいかがでしょうか?
2014_07_21_4178.jpg  
左側の建物が「山町茶屋」です。とても寛がせていただきました。

スイーツがとても美味しいです。2Fにも是非上がってみて下さい。
とても良くデザインされた、家具やインテリアが展示されています。

Posted on 2014/07/25 Fri. 09:44 [edit]

category: photo

tag: 旅行  富山  高岡  街並 
tb: 0   cm: 0

花の家  

この連休は、4日間で約1300kmを車で走破してきました。
後半の約900kmは、富山までの往復です。
久々のロングツーリングです。現地の様子をお伝えします。

◼︎ 中央高速方面は、圏央道開通で時間短縮
およそ1ヶ月前に開通した圏央道で、東名海老名から八王子ICまでが繋がりました。
中央高速の合流で渋滞したものの、20分程度で渋滞通過出来ました。
これまでは、中央高速沿線へ出かける場合、一般道で相模湖ICへ抜けるルート、や、東名御殿場から東富士を通って大月JCへ抜けるルートを利用していました。
最近は、後者のルートを主として使っていました。
横浜から中央高速沿線へ出かけるのは大変でした。今回の圏央道開通により、以前に較べれ雲泥の差で便利になりました。(料金は、それなりにかかりますが、以前の東富士へ抜けるルートよりは安いです)

連休2日目でしたので、混雑も少なく松本へは、予想より1時間早く到着です。
ここからは、大好きな一般道で、富山へ向かいます。空いていて快適なドライブができます。

国道158号で安房(あぼう)トンネルを抜け、国道471号、41号と山の麓を縫うルートです。
信号もほとんどなく、対向車もほとんどきません。
同じ方向に走っている地元の軽自動車が早いです。
こちらは、普通自動車なのですが、うかうかしていると置いていかれます。


花の家
花(flower)がいっぱい咲き誇っている家の事ではありません。
アニメ映画「おおかみこどもの雨と雪」に登場する主人公「花」の家です。
今回、富山に出かける動機は、「旨い魚が食べたい」、「五箇山の合掌造りに泊まりたい」という二大テーマでしたが、他に見所はないかと探していたら、これを見つけました。
おおかみこどもの花の家
IMG_1743.jpg 
花と雨と雪が都会を離れて山里で暮らす古民家に、実際のモデルがあったのです。
ここに行かない訳には行きません。しかし、前日まで大雨、梅雨がいつ明けるとも知らず。直前まで代替工程も考えましたが、、
前日には現地は「晴れ」の予報、
あとは、時間との勝負でした。日没までに現地を見て富山に入る。
現地は、富山市の中心部から東へ約20kmの上市町の大岩地区 のそば、、
「そば」というのは、大岩地区にある日石寺の参拝用駐車場に車を止めさせていただいて、そこからは歩きです。
距離約1.7km、標高差200m超の山道を徒歩で登ります。(約40分と紹介されています)
車で上がれない事はないのですが、すれ違いが難しい箇所があったり、現地では、何台も車を停める場所もないので、観光客は原則歩きです。
梅雨前線は太平洋側にあり、ここ富山は良い天気!(誰だろう、日頃の行いの良い方は?)

山道の登る所で、「熊除けの鈴」が置いてありますので、不安な人は、これを借ります。汗をかきながらの昇りです。
IMG_1769.jpg 
ひたすら、山道を登ります。道は舗装されていますので、足への負担は最小限で済みます。
およそ40分(普通にゆっくり登ってもそんなにはかかりません)
2014_07_20_4076.jpg 
映画に登場するそのままの家があります。
IMG_1744.jpg 
花の家」に到着すると、管理している家の所有者とこの家のサポーター(栃木から来たとのこと)に迎えられ、「よく登ってきたね、冷たいお茶でも飲みなさい。冷やしたトウモロコシを食べなさい」と、おもてなしを受けました。
いやいや、さすが日本です。

所有者の方に伺ったのですが、この家を映画のモデルにするために、家の補修をされていた建築家の方が図面を起こしてくれたそうです。そのおかげで、映画にそのままの姿で再現できたのでしょうね。
IMG_1760.jpg 
これが、起こされた図面の一部です。


現地で感じた事ですが、さすが、日本の秘境であるのか、「緑」が新鮮で濃い感じがします。
映画で表現される「緑」と同じでした。
首都圏の森とは、何か違う緑を感じました。写真に撮ると、余計に感じます。
2014_07_20_4065.jpg 2014_07_20_4066.jpg 2014_07_20_4068.jpg 2014_07_20_4073.jpg 

お土産に、映画にも登場する「花」が作ったという特製サイダーを買わせていただきました。

山を降りようとした時、空から雷鳴が轟きました。少し離れた所で鳴ってはいるようですが、所有者のご主人がお客さんが忘れていった傘を持っていきなさいと、貸してくれました。麓の売店に置いていってくれれば良いと

無事、雨にも遭遇する事なく富山に到着できました。
IMG_0220.jpg 

夜は、とても大きな「岩がき」に舌鼓です。

Posted on 2014/07/24 Thu. 09:25 [edit]

category: photo

tag: 旅行  富山  花の家  おおかみこども 
tb: 0   cm: 2

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング

カウンター

ユーザータグ

メールフォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top