FC2ブログ

はっしーのデジタルワーク

コンピュータ利用からデジタルに関わる様々なことを書き記します。

明日、iTunes StoreやApp Storeが更新されるようです  


いつもご訪問ありがとうございます。
今日も皆様にとって良き日でありますように、

毎日、あじい!
みなさま、まだ6月というのに、熱帯夜や猛暑日に見舞われております。

お体にお気をつけください。
Apple社から次のようなメールが届きました。

iTunesStoreUpdate2018.jpg
えーつ!
そんな古いOS使っていたかなと思い目ぐらいていたところ、

そういえば、私の大事な黒マックは、まだ、SnowLeopard(10.6)でした。
たしか、年末年始に電気を入れた記憶があります。

でも、App Storeや、iTunes Storeにアクセスした記憶はないと思う。(あったかもしれない)
私の貴重な資源(リソース)であり、お宝ですので、まだまだ使いますよ。

まあ、メールにご指摘があるように、私のアカウントの支払い情報をそこから変更することはないでしょう。
大丈夫です。そのまま使います。


Posted on 2018/06/29 Fri. 15:43 [edit]

category: Apple

tb: 0   cm: 0

Mac Book(Pro)のバタフライキーボードが無償修理対象に  


いつもご訪問ありがとうございます。
今日も皆様にとって良き日でありますように、

180623_keyboard_service_program_for_mb_and_mbp-w960.jpg

最近のMacBook(Proも)に採用されている、打ちやすいバタフライキーボード
細かな隙間にゴミなどがたまり、操作できなくなったり、誤入力の不具合を起こすと、

ユーザーからの指摘があっても、Apple社ではなかなか不具合とは認められて来ませんでしたが、
今回、無償修理プログラムの提供がようやく開始されました。

私は予防策として薄いゴムでできたキーボードカバーを使っておりましたが、
薄くてもゴムの抵抗があり、
入力スピードが低下してしまい、誤入力も多く発生し、本来の快適感がイマイチ発揮できていない状況でした

仕事に支障を来すことから、数日前からゴムカバーを外しておりましたが、
これで安心して利用できます。

それでも、修理期間中は使えなくなってしまいますので、エアーダストスプレーは常時使えるよう家に置いてあります。





Posted on 2018/06/24 Sun. 10:02 [edit]

category: Mac

tb: 0   cm: 0

アルヴァ・アアルトとかもめ食堂(その2)  


いつもご訪問ありがとうございます。
今日も皆様にとって良き日でありますように、

(前回からの続き)

それでは、アカデミア書店へ行って見ましょう。
場所は、日本でいう銀座通りみたいなエスプラナディ通りに面してあります。

お隣は、「ストックマン」というヘルシンキのデパート
銀座4丁目の三越の隣みたいなものです
01_2018_Kamome.jpg 

内部は三階建、、トップライトからの光が居心地をよくしています。
03_2018_Kamome.jpg 

入り口を入ったら、トーク・イベントみたいなものが開催されており、
内容は、フィンランド語で話されていますので、皆目見当がつきません。

売っている本も基本フィンランド語
装丁はフィンランドデザインが美しいのですが、書いてある内容がわからないので、
眺めているか、手にとってペラペラと捲るかです。

エスカレーターで2階へ上がった奥の場所に、「カフェ・アアルト」は存在します。
02_2018_Kamome.jpg 

手前に見える椅子は、「アリンコ・チェア」
この椅子も北欧デザイン。デンマークのデザイナーの巨匠アルネ・ヤコブセンのデザインです。
黒い蟻さんの胴体のイメージから名付けられています。

昆虫が嫌いな同行人は、「アリンコ・チェア」だよと言っただけで座ることは出来ませんでした。
噛みつかれはしないって

初日は、見るだけで帰国する予定の前日にお店に入りました。
04_2018_Kamome.jpg 
この日は、火曜日の昼過ぎでしたがお客さんが多かった。

ちょうど座ったこの席、
映画「かもめ食堂」で小林聡美さんと片桐はいりさんが座っていた場所と思われます。(ここしか空いていなかった)
05_2018_Kamome.jpg 

カップには、カフェ・アアルトの文字
フィンランド人はコーヒーが好きな国民のようで、
日本と同じような飲みやすく美味しいコーヒーでした。

しかし、紅茶が好きな方は、同じような値段なのに大きなポットで紅茶が出てきます。
この店はそうでもないですが、カップに5杯は入っているようなお店が多かったのです。

次は、「かもめ食堂」
ヘルシンキ中央駅前から、3番のトラムに乗っておよそ10分程度で到着します。
06_2018_Kamome.jpg 

現在は、残念ながら営業時間は夕方の5時からしか開店しません。夕食のみの営業です。
映画「かもめ食堂」では、現地の実在した食堂カハヴィラ スオミ(Kahvila SUOMI)というお店がそのまま利用されました。

そのお店は残念ながらが、2015年に閉店されることになったのですが、日本からの要望も多かったのでしょう、現オーナーの日本人が買い取り、2016年にラビントラ・かもめ(Ravintola Kamome)として、当時のイメージを残しつつ改めて開店することとなったようです。
07_2018_Kamome.jpg 
ラビントラとはフィンランド語で食堂と追う意味。街のあちこちでRavintoklaという看板を見かけます。

夕食しか開店しないので、そのお隣に最近開店されたアトリエ「かもめ」でお昼をいただくことにしました。
08_2018_Kamome.jpg 
09_2018_Kamome.jpg 

このお店では、お味噌汁のような味がするスープランチをいただきました。
お土産に「かもめ食堂」のコースターを買ってしまいました。
10_2018_Kamome.jpg 
我々が到着するちょっと前を歩いていたフィンランドの方が、先にお店に入って行きました。

聞くところによると、地元の常連さんとのこと、
日本びいきの方が多いようです。

今回は、アアルト繋がりから聖地ご訪問までやってしまいました。


Posted on 2018/06/22 Fri. 16:36 [edit]

category: life

tb: 0   cm: 0

アルヴァ・アアルトとかもめ食堂  


いつもご訪問ありがとうございます。
今日も皆様にとって良き日でありますように、

アルヴァ・アアルトは、フィンランドが生んだ20世紀を代表するモダニズム建築で知られる世界的な建築家
そして、建築だけでなく都市計画から食器、家具デザインまで幅広い活動をしていました。
最初の奥様である、アイノ・アアルトがデザインしたガラス食器はイッタラ(iittala)社が今でも製作販売しており、椅子を代表とするアアルトがデザインした家具はアルテック(artek)社が製作販売している。
アアルトの椅子を見れば誰もがこの椅子がアアルトなのかと思うほど有名です。

いちおう、学生時代に建築を学んだ身としては、学生当時からアアルトはお気に入りの建築家でした。
今回、エストニアへ行くにあたり、フィンランドを経由したことから、少しアアルトを訪ねた寄り道を行なったのです。
普通の観光客はいかないでしょうが、アルヴァ・アアルトが住んでいた家、アルヴァ・アアルトのスタジオ(今でも後継者達が使っています)のガイドツアーに現地で参加しました。

もう一つのテーマである映画「かもめ食堂」は、小林聡美、片桐はいり、もたいまさこさんが主演で、ヘルシンキを舞台としてゆったりとした日常の生活が流れる、どことなくほんのりとした映画です。
どちらかというと、女性好みのものでしょう、今でもヘルシンキを訪れる女性たちには聖地のような場所です。

なぜ、アルヴァ・アアルトとかもめ食堂に繋がりがあるかというと、
主演の小林聡美さんがお客さんであるヘルシンキの学生さんが「ガッチャマン」の歌を知りたいということで、ヘルシンキの街中にあるカフェにたまたまいた片桐はいりさんにガッチャマンの歌を知らないかと聞いたのです。

そのカフェは、アルヴァ・アアルトが内装を設計した「アカデミア書店」の2階にあり、アアルトにちなんで「カフェ・アアルト」と命名されています。そんなアアルト繋がりもありの聖地のカフェにも訪れてみました。

アアルト・スタジオは、フィンランドらしい湖のほとりにある森に囲まれた高級住宅地の中にあります。
グーグルマップのナビがないと行き着くことも難しい場所です。
何も看板があるわけでもなく、ぽっつりと普通の家のドアの前に小さな案内があるだけ、

01_Aalto_2018_3179.jpg 

時間が来たらドアをノックすると開けてくれます。
待っているだけではドアは開けてくれません。
02_Aalto_2018_3129.jpg 

本日のガイドツアー参加者は15名程度
日本人は、私たちと、女性が一人
(フィンランドデザインや建築を学んでいる人でないと、ここまではまず来ないでしょう)

スタジオ内は、仕事途上のままです。
03_Aalto_2018_3165.jpg 

これ以上、近づいてはいけませんとなっています。

ゆっくり見て良いというスペースもあります。
04_Aalto_2018_3162.jpg 

そしてくつろげる場所も案内してもらえました。
05_aalto_2018_3148.jpg 

右奥にあるアアルトが座っていた茶色い椅子は、触ったり、座ったりは禁止です。(壊れちゃうからと)
06_Aalto_2018_3145.jpg

右の窓際には、アアルトの椅子が並んでいます。
アアルトの椅子、正統派は、3本足

奥にあった建物の模型は、
07_Aalto_2018_3134.jpg 
代表作のフィンランディアホールの内部模型でしょうか、、
側面のデザインが少し違うような気もします。制作途上の模型でしょうか、、

アアルトベースのデザインに近い、お盆?
08_Aalto_2018_3169.jpg 

ガイドツアーのご案内
09_Aalto_StudioTour.jpg

このアアルト・ベースのマークがトレードマーク

カフェ・アアルトとかもめ食堂は、次回にお伝えします。


Posted on 2018/06/20 Wed. 13:50 [edit]

category: culture

tb: 0   cm: 0

大阪府全域で公衆無線LANを無料解放(00000JAPAN)  


いつもご訪問ありがとうございます。
今日も皆様にとって良き日でありますように、

大阪の地震には、月曜の朝から驚かされました。
被害に遭われた方に、お見舞い申し上げます。

docomoとauとソフトバンクでは、大阪府全域にある各社のWi-fiスポットで公衆無線LANを無料で解放しています。
各社との契約がなくても、PC、スマホ、タブレットで利用できます。
SSIDは、00000JAPAN です。(ファイブゼロジャパン)

パスワードなしで利用できる、災害用ネットワークで、熊本の地震でも無料解放されました。

外出先での災害時の連絡手段として、情報収集媒体として役立ててください。
日常生活への早急な復旧を願っております。




Posted on 2018/06/18 Mon. 22:35 [edit]

category: Internet

tb: 0   cm: 0

ヘルシンキはトラムで遊覧  


いつもご訪問ありがとうございます。
今日も皆様にとって良き日でありますように、

旅の疲れもだいぶ取れてきました。
疲れの原因となったハプニングは、後日紹介します。

まずは、ヘルシンキの楽しみ方を
ヘルシンキ市内を楽しむのであれば、トラムと徒歩がオススメ
2018_HelTram01.jpg 
トラムは市内を隈なく走っている
ルートマップや料金表は、ヘルシンキ地域交通局(HSL:ヘルシンキ近郊の鉄道、地下鉄、トラム、バスを運行)のサイトで参照できます。
https://www.hsl.fi/en/timetables-and-routes/routemaps

ただし注意点が一つあります。
下のマップの左の方に、注釈付きの黒いラインがあります。
実は、この路線は工事中(メンテナンス中)で、代替バスが走っている路線です。
乗る前に事前に確認しておきましょう。
トラムの停車場に掲示されている路線図には、当日の運行路線が表示されています。

古い旅行記や記事に掲載の路線図は変わることがあります。
常に最新の情報を確認しましょう。

Googleマップは恐るべしです。(いや、旅の必需品です)
現地でルート検索したら、代替バスの乗り場まで経由方法として案内され、
容易に代替バスの乗り場を発見することができました。
2018_HelTramR01.jpg

主だった見所は、ヘルシンキ市内限定のデイチケットでOK
・アラビア・ファクトリー(トラム)
・マリメッコ・アウトレット(地下鉄)
・スオンメンリンナの要塞(フェリー)
へもデイチケットで行くことができます。

最初は、トラムに乗って市内を遊覧乗車が楽しい
次のルートマップにあるトラムの2番(若草色)と3番(濃いブルー)
2018_HelTramR02.jpg

マップの右下の方にある赤丸部分。
フェリー港では、線が途切れていますが、実はこの2つの系統は繋がって運行されています。

2018_HelTram02.jpg 

中央駅前(真ん中の赤丸部分)から3番のトラム(濃い青)に乗っていると、フェリーターミナルからはそのまま2番のトラム(若草色)になって市内中心部へ戻ります。
フィンランドデザインの中心地(デザインディスクリクト)やエテラ港のマーケット広場、エスプラナディ通りをめぐります。これだけでも遊覧観光

さらにそのまま乗って行くと、中心部から北の方で再び交わる場所(八の字状に運行)があり、ここで乗り換えればオリンピックスタジアムやハカニエミ・マーケットを通って、再び市内へ戻れます。
2018_HelTram03.jpg 
トラムの車両は、概ね新旧二種類のタイプがあり、3両編成で走っています。真ん中の車両は、低床車両で、ベビーカー・車椅子でそのまま乗車できます。
2018_HelTram04.jpg 

時々、レトロな車両に出会いますが、
2018_HelTram05.jpg 
一般乗車向けではないようです。
オススメは、新型車両の最後尾、、椅子に座ると後方視界は展望車そのものです。

2018_HelTram06.jpg 

椅子のデザインもオシャレ、
2018_HelTram07.jpg 
座面はトラムのルートマップのデザイン、
実用性はないですが、、さすがのフィンランドデザイン

旧型車両の椅子の配置は、
2018_HelTram09_IMG_7140.jpg
横に二人並んで座れますが、座席は雁行していて奥の席でも出入りが楽です。

つり革ですが、いたずらではないと思われますが、
2018_HelTram08_IMG_7665.jpg 
背の低い我々日本人には使えない、、

2018_HelTram10_IMG_2753.jpg 
椅子に正面に座っていたお婆ちゃんをゴーストのごとく入れさせていただいた。

どこの街へ行ってもトラムに乗るのが好き
人々の生活に触れ、ゆっくりと街の中を眺めながら楽しむことができます。


Posted on 2018/06/16 Sat. 20:50 [edit]

category: Travel

tb: 0   cm: 0

ヘルシンキWi-Fi事情  

 
いつもご訪問ありがとうございます。
今日も皆様にとって良き日でありますように、

事前の調べでは、ヘルシンキのバンター(Vantaa)空港の売店キオスク(R-KIOSK)で、7日間4G回線で容量無制限のプリペイドSIM を簡単に購入することができるとの情報があったので、観光案内地図や、市内観光に便利なデイチケットの入手方法を聞くため、まず、インフォメーションへ行くことを考えておりました。

インフォメーションセンターは、入国審査を通過して、荷物受け取って出口を出てすぐ左側へ少し歩いたところのT2とT1の間です。
T2とは、シェンゲン外の長距離便用のターミナル、T1はシェンゲン内ヨーロッパ便のターミナルです。

インフォメーションではヘルシンキ市内限定の3日間有効のデイチケットが欲しいのですがと尋ねたところ。
「空港から市内に入るのに使うのであればRegional Ticketが必要よ」と言われましたが、
「ホテルアクセスの利便性からフィンエアーシティバスでホテルの前まで行き、その後でトラムに乗って市内へ繰り出したい」と言ったら、ここでは1日券しか売っていないので、この先50m行った左側で売っているからそちらに行きなさいと教えてくれた。

ここで、空港からヘルシンキ市内へのアクセス方法を少し紹介します。

観光者がよく使うデイチケットについては、ヘルシンキ市内限定(Travel EreaがHelsinki)と周辺地域を含むRegional Ticketがあり、Regionalであれば空港から中央駅に向かう鉄道にも乗れるます。(少々歩くので、荷物が重い時はバスが便利)

値段は、3日券ではヘルシンキ市内限定が18€、Riginalでは28€。1日券ではヘルシンキ市内限定が9€、Rigionalでは14€にもなります。
ちなみに、フィンエアーシティバスは片道6.9€(往復割引で買うと、12.6€)で、到着ロビーの目の前が乗り場。
鉄道駅には10分近く歩くし、本日宿泊のホテルは、バス停からすぐだったので、バスにしました。
2018_HelsinkiBus_3443.jpg 
フィンエアーシテバスのご案内サイトはこちらから
https://www.pohjolanliikenne.fi/en/finnair-bus-route.html

宿泊するホテルの場所、行動計画を考えて市内へのアクセス方法を決定しましょう。
鉄道以外にも、デイチケットが使える615番の路線バスを使う方法もあります。時間はかかりますが、宿泊先によっては便利かもしれません。

また、デイチケットについてのヘルシンキ首都圏交通局の紹介ページはこちら
https://www.hsl.fi/en/tickets-and-fares
デイチケットは、対面販売で購入するとICカード(日本では今は見ないテレフォンカードみたいなもの)、自動販売機で買うと紙なので、対面販売が安心と思います。



SIMの話に戻りましょう。
インフォメーションセンターから50m歩いて行ったところ(絶対にそんなにない、30m程度の感じ)にR-KIOSKがありました。
そこで、3日間有効のデイチケットとプリペイドSIMカードを調達です。
01_IMG_9880.jpg 
ポイントは、
・Day Ticket for 3days. Only Helsinki Erea
・SIM Card for 7days(これだけです)
SIMカードのお値段は、事前の情報では、7.9€でキャンペーンをやっていれば、4.9€。
ありがたいことに、キャンペーン期間の価格で調達することができました。

デイチケットとSIMカードのレシートがこちら、購入はクレジットカードでさっと買えます。
04_IMG_0348.jpg 
えー、現地での買い物では、クレジットカードが一番、次に、クレジットカードが使えない時はデビットカード、そしてどうしようもない、あるいは現金が残っている時は、現金決済にするのが一番です。
スーパーでミネラルウォーターを1本0.5€で買うときもクレジットカードで買えます。
(水についてですが、ヘルシンキ市内では日本と同様、普通に水道水が飲めます。)

消費税は、食料品以外は24%です。高いですね、、
それでも通信費としては安いです。
北欧は、やはり物価は高いです。レストランなんてちょっとしたところでも日本の高級料理店並です。(私にとってみれば)

SIMカードは、スリーサイズ共通でどのサイズにも切り出すことができます。(手でぐりぐりやれば、好きなサイズで取り出せます。)
02_IMG_4167.jpg 

あとは、スマホに差し込み、電源を入れるとPINコードの入力を求められるので、カードの裏側にあるPIN1の4桁数字を入力するだけです。(下の写真の赤丸部分で、スクラッチで隠れていますが、指で簡単に取れます。)
03_IMG_5091.jpg 
他にもPIN2〜4まで書いてあるのですが、必要ありません。

これで7日間、4G回線を何も制限されることなく利用できるのです。7日間で約5€ですから、1日あたり100円以下。
実際の使用感ですが、へたなホテルWi-Fiより高速でしかも安全に利用できます。7日間(後でお話しますが、実際は6日間)日本にいるのと同様にインターネット回線を使用することができました。
日本からの仕事メールにも簡単に対応することができました。(これはデメリットか!)

ホテルも市内のカフェもほとんどのところでFreeWi-Fiが飛んでいて簡単に利用できます。
でも、自分が使っている  ID/パスワードが必要なサイトを利用する場合や、クレジットカード情報を入力するような場合は、プリペイドSIMを使うべきです。

一点、注意が、
スマホで使う場合は良いのですが(もちろんSIMフリーでないとだめです)
私が持参したHUAWEIのWiFiルーターでは、4G回線は接続されるものの、Wi-Fiを使ってパソコンやスマホでのインターネット接続ができなかった。

何か、設定方法があるのでしょうがよくわかりませんでした。(日本では普通に使えているルーターなのですが、)
今回は、Androidの予備のスマホ、WiFiルーターの両方を持って行って正解でした。

しかし、少なくとも通信回線事情は、日本に比べてはるかに安価で便利です。




Posted on 2018/06/13 Wed. 13:45 [edit]

category: Internet

tb: 0   cm: 0

WWDC2018では、新しいハードウェアなしでした  


いつもご訪問ありがとうございます。
今日も皆様にとって良き日でありますように、

大変ご無沙汰しておりました。
元気にいきています。

今年も期待されたWWDCですが、事前に情報が漏れることもなく(いや、今となってみれば、漏らす情報がなかったのでしょう)
見事に多くの期待が裏切られました。
No-w960_2018.jpg
現時点で、今年も半分過ぎようとしていますが、Appleの今年の新製品はまだ何も登場していません。
既に、いろいろと持っている人間にとっては、所有物が陳腐化しなくてありがたいことではあります。

お財布に優しいWWDCでした

ところで、今年は
WWDCをライブストリームで見ることができました。

といっても午前2時に起きていたのではなく、
ライブストリームがゴールデンタイムに見れる場所にいたのです。

それは、こちら
2018_05_31_3438.jpg 

フィンランドのヘルシンキにおりました。
ネットでライブストリームを見ていたのですが、、

時差のせいで、半分は寝ておりました。
半分眠りながら、ハードが何もないなと思っていたら終わっておりました。

ヘルシンキの港のかもめ
2018_05_31_3416.jpg 



日本のかもめより大きい、外人だからか!
2018_06_01_3216.jpg 

港に面した、マーケットスクエアを望む
先週末に帰国しましたが、、

帰国便フライトがキャンセルで欠航し、とても疲れて2日間爆睡しました。











Posted on 2018/06/11 Mon. 14:05 [edit]

category: life

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

FC2ブログランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

ユーザータグ

メールフォーム

最新トラックバック

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top