FC2ブログ

はっしーのデジタルワーク

コンピュータ利用からデジタルに関わる様々なことを書き記します。

博物館動物園駅

Posted by はしかわ on   0  0


いつもご訪問ありがとうございます。
今日も皆様にとって良き日でありますように、、

「博物館動物園駅」というものがあったのをご存知の人は少ないと思います。
その昔、上野公園の地下には、京成電鉄の「博物館動物園駅」というものがありました。
(といっても、私は利用したことはありません。)

この場所は、元々皇室の御料地であり、公園内の木を切ってはならぬ、品位の×建物であってはならぬという御達しがあり、地上部分は小さくとも荘厳な駅舎が建てられました。

駅は現在廃止されているのですが、駅舎は2018年に歴史的建造物としてリニューアルされ、ほぼ当時のまま保存されています。
リニューアルされた昨年には一時一般公開されましたが、この秋再び一部が公開されています。

01_IMG_7613.jpg 

02_IMG_8754.jpg 

旧駅舎の内部の一部を使って、スペイン出身の二人の作家の作品が現在展示公開されています。
期日は、11月17日日曜日までの金・土・日・祝(10:00-17:00)となっています。
RemindingFuture.jpg

駅舎の改札口とホームへ降りる踊り場では、1911年から始まったとされる航空機による空爆の史実を、ドイツ軍によるスペイン・ゲルニカへの爆撃、東京空襲、広島・長崎への原爆投下などから現在に至るまでの世界中の民間人に対する犠牲を、世界中の史料として残るビッグ・データから、当時の写真、把握されている犠牲者の数、爆撃された都市のプロットした6時間にわたる映像作品となっています。
日本各地の犠牲者の数も再調査されている。

小さな入り口を入ると、すぐに作品が展示されています。
04_IMG_5568.jpg 

上を見上げると、
03_IMG_8757.jpg
見事なドームです。

次の扉を過ぎると、地下のホームへ降りる階段があります。
05_IMG_5771.jpg 
この先の踊り場で映像作品が映し出されています。
来場者は、階段に座って映像を眺めています。
全部見ると、6時間かかるということで、ほんの一部しか見ておりません。
08_IMG_3461.jpg 

左のスクリーンの一番下には、1942年3月6日とあり、
上には、日本軍のポートモレスビーに対する爆撃、下にはドイツ軍のラバト(モロッコ)に対する爆撃があったと表現されています。
ポートモレスビーとは、今のパプアニューギニアの首都です。
真ん中のスクリーンには、爆撃された地点とその大きさが表現され、右側のスクリーンでは当時の残された写真が表現されています。
09_IMG_1362.jpg

階段の踊り場を右に回ると、駅の改札口とホームへ降りる階段がありますが、ここから先は今回公開されていません。

閉ざされたガラス扉から中を見ることができました。
06_IMG_5274.jpg 
木製の切符売り場と改札口、
その先にはホーム絵降りる階段があります。

一部、物置にはなっていますが、歴史を感じる風景です。
一階のロビーから見る扉は、
10_IMG_0714.jpg 

11_IMG_3025.jpg 

とても立派だ、、、












該当の記事は見つかりませんでした。