FC2ブログ

はっしーのデジタルワーク

コンピュータ利用からデジタルに関わる様々なことを書き記します。

ヘルシンキWi-Fi事情

Posted by はしかわ on   0  0

 
いつもご訪問ありがとうございます。
今日も皆様にとって良き日でありますように、

事前の調べでは、ヘルシンキのバンター(Vantaa)空港の売店キオスク(R-KIOSK)で、7日間4G回線で容量無制限のプリペイドSIM を簡単に購入することができるとの情報があったので、観光案内地図や、市内観光に便利なデイチケットの入手方法を聞くため、まず、インフォメーションへ行くことを考えておりました。

インフォメーションセンターは、入国審査を通過して、荷物受け取って出口を出てすぐ左側へ少し歩いたところのT2とT1の間です。
T2とは、シェンゲン外の長距離便用のターミナル、T1はシェンゲン内ヨーロッパ便のターミナルです。

インフォメーションではヘルシンキ市内限定の3日間有効のデイチケットが欲しいのですがと尋ねたところ。
「空港から市内に入るのに使うのであればRegional Ticketが必要よ」と言われましたが、
「ホテルアクセスの利便性からフィンエアーシティバスでホテルの前まで行き、その後でトラムに乗って市内へ繰り出したい」と言ったら、ここでは1日券しか売っていないので、この先50m行った左側で売っているからそちらに行きなさいと教えてくれた。

ここで、空港からヘルシンキ市内へのアクセス方法を少し紹介します。

観光者がよく使うデイチケットについては、ヘルシンキ市内限定(Travel EreaがHelsinki)と周辺地域を含むRegional Ticketがあり、Regionalであれば空港から中央駅に向かう鉄道にも乗れるます。(少々歩くので、荷物が重い時はバスが便利)

値段は、3日券ではヘルシンキ市内限定が18€、Riginalでは28€。1日券ではヘルシンキ市内限定が9€、Rigionalでは14€にもなります。
ちなみに、フィンエアーシティバスは片道6.9€(往復割引で買うと、12.6€)で、到着ロビーの目の前が乗り場。
鉄道駅には10分近く歩くし、本日宿泊のホテルは、バス停からすぐだったので、バスにしました。

2018_HelsinkiBus_3443.jpg 
フィンエアーシテバスのご案内サイトはこちらから
https://www.pohjolanliikenne.fi/en/finnair-bus-route.html

宿泊するホテルの場所、行動計画を考えて市内へのアクセス方法を決定しましょう。
鉄道以外にも、デイチケットが使える615番の路線バスを使う方法もあります。時間はかかりますが、宿泊先によっては便利かもしれません。

また、デイチケットについてのヘルシンキ首都圏交通局の紹介ページはこちら
https://www.hsl.fi/en/tickets-and-fares
デイチケットは、対面販売で購入するとICカード(日本では今は見ないテレフォンカードみたいなもの)、自動販売機で買うと紙なので、対面販売が安心と思います。



SIMの話に戻りましょう。
インフォメーションセンターから50m歩いて行ったところ(絶対にそんなにない、30m程度の感じ)にR-KIOSKがありました。
そこで、3日間有効のデイチケットとプリペイドSIMカードを調達です。
01_IMG_9880.jpg 
ポイントは、
・Day Ticket for 3days. Only Helsinki Erea
・SIM Card for 7days(これだけです)
SIMカードのお値段は、事前の情報では、7.9€でキャンペーンをやっていれば、4.9€。
ありがたいことに、キャンペーン期間の価格で調達することができました。

デイチケットとSIMカードのレシートがこちら、購入はクレジットカードでさっと買えます。
04_IMG_0348.jpg 
えー、現地での買い物では、クレジットカードが一番、次に、クレジットカードが使えない時はデビットカード、そしてどうしようもない、あるいは現金が残っている時は、現金決済にするのが一番です。
スーパーでミネラルウォーターを1本0.5€で買うときもクレジットカードで買えます。
(水についてですが、ヘルシンキ市内では日本と同様、普通に水道水が飲めます。)

消費税は、食料品以外は24%です。高いですね、、
それでも通信費としては安いです。
北欧は、やはり物価は高いです。レストランなんてちょっとしたところでも日本の高級料理店並です。(私にとってみれば)

SIMカードは、スリーサイズ共通でどのサイズにも切り出すことができます。(手でぐりぐりやれば、好きなサイズで取り出せます。)
02_IMG_4167.jpg 

あとは、スマホに差し込み、電源を入れるとPINコードの入力を求められるので、カードの裏側にあるPIN1の4桁数字を入力するだけです。(下の写真の赤丸部分で、スクラッチで隠れていますが、指で簡単に取れます。)
03_IMG_5091.jpg 
他にもPIN2〜4まで書いてあるのですが、必要ありません。

これで7日間、4G回線を何も制限されることなく利用できるのです。7日間で約5€ですから、1日あたり100円以下。
実際の使用感ですが、へたなホテルWi-Fiより高速でしかも安全に利用できます。7日間(後でお話しますが、実際は6日間)日本にいるのと同様にインターネット回線を使用することができました。
日本からの仕事メールにも簡単に対応することができました。(これはデメリットか!)

ホテルも市内のカフェもほとんどのところでFreeWi-Fiが飛んでいて簡単に利用できます。
でも、自分が使っている  ID/パスワードが必要なサイトを利用する場合や、クレジットカード情報を入力するような場合は、プリペイドSIMを使うべきです。

一点、注意が、
スマホで使う場合は良いのですが(もちろんSIMフリーでないとだめです)
私が持参したHUAWEIのWiFiルーターでは、4G回線は接続されるものの、Wi-Fiを使ってパソコンやスマホでのインターネット接続ができなかった。

何か、設定方法があるのでしょうがよくわかりませんでした。(日本では普通に使えているルーターなのですが、)
今回は、Androidの予備のスマホ、WiFiルーターの両方を持って行って正解でした。

しかし、少なくとも通信回線事情は、日本に比べてはるかに安価で便利です。




関連記事

はしかわ

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yhashii.blog.fc2.com/tb.php/1964-b9a4306d
該当の記事は見つかりませんでした。